気になる病気と健康改善について考える

糖尿病に関わるHbA1cって何?

HbA1cというものが糖尿病と関わりがあるような事をつい最近知りました。
これは、血液検査でわかる数値の一つらしいですが、直近1~2か月における血糖値の平均値を示す数値であるため、糖尿病の診断に用られているとの事です。

糖尿病なら、単純に血糖値検査だけで良いようにも思えますが、これだと検査直前に何も食べないだけでも低い数値が出て、あまり正確性が担保されていないため、HbA1cの方が良いみたいです。

となると、HbA1cでどれくらいの数値が出たら、糖尿病を注意した方が良いのか気になるところです。その数値で目安となるのは6%で、7%を超えると、本格的に合併症が発現してくるそうです。

そのため、インスリン分泌機能を司る、膵臓のランゲルハンス島ベータ細胞の働きが落ちているに留まる、HbA1cが6~6.9%の間に、ちゃんと医師から指導された改善策を実践すべきとのことでした。

ちなみに、糖尿病の心配が無い人だと、HbA1cの数値は5.3%以下だそうです。

次に、5.3%~6.0%までは、グレーゾーンということになるようです。逆にセーフとも言えそうですが、糖尿病の場合は、そこまで楽観視しない方が良いそうです。

なぜなら、そうしたグレーンゾーン状態を放置しておくと、大抵は半年以内に6%を超えて、糖尿病の発症に至ってしまうからです。そのため、HbA1cの数値は、5.0%~5.3%をキープするのが理想みたいです。

実際に検査となると、HbA1cを検査できる専用の測定器が必要となるようなので、まずは、普段の血糖値の数値が高いような状態が続くようなら、注意した方が良いのかなと思いました。