気になる病気と健康改善について考える

服用タイプなら処方箋薬のプロバンサイン

制汗剤で他にも色々と調べてみると、パースピレックスのような制汗剤としてではなく、処方箋薬として汗を抑える事が出来るというものも有りました。

これを服用する事により、多汗症や夜尿症などを改善する以外に、胃液の分泌や消化管の異常収縮によるけいれん性の痛みを抑える働きが有るようです。

本格的に汗を抑えたいと考えているなら、これを用いるのも一つの方法です。

しかし、その一方で口がカラカラに渇いて食事も食べにくくなったり、ドライアイが酷くなる事もあるようなので、効果だけでなく副作用についても十分に理解した上で使用しなければ、いざという時の対処が出来なくなるかもしれませんので要注意です。